一般社団法人日本吹矢レクリエーション協会は吹き矢で楽しく、健康増進と地域コミュニティ創りをテーマに簡単、楽しい、体に良いレクリエーション吹き矢の日本最大級の団体です。

正しい姿勢と正しい呼吸は健康の基本です

  • HOME »
  • 正しい姿勢と正しい呼吸は健康の基本です

協会の概要 | 吹き矢の効能  |  用具の説明 | 吹き方とルール |

吹き矢の導入先  |  地域サロンの活性化  |  サークル・教室案内  | よくある質問  |

正しい姿勢と正しい呼吸が楽しく自然に身につく吹矢トレーニングとセロトニンの活性化

■セロトニンとは

(以下引用)

人類が誕生してから長い年月の間、人は太陽と共に目覚めて活動し、日が暮れたら就寝する生活を当たり前のようにしていました。しかし現代社会では、24時間営業のコンビニエンスストアが当たり前となり、大都市は眠らない街ともいえる状況になっています。便利な世の中にはなったものの、悠久の時間の中で培われた人間の生活リズムを乱してしまうことで、健康を損なってしまう人もいます。

体内時計のリズムは、メラトニンというホルモンによって調整されます。その刺激を受けて、睡眠と覚醒のリズムが作られていくことが分かってきました。脳内の神経伝達物質であるセロトニンも日中を中心に分泌され覚醒に関係しており、体内時計のリズムにも関係しているといわれています。

脳内には、さまざまな神経伝達物質とよばれる情報の橋渡しをする物質があります。セロトニンもそのうちのひとつで、他にはドパミンやノルアドレナリンなどが挙げられます。脳の神経細胞のバランスをとるために非常に重要な働きをしています。セロトニンは覚醒状態にとても大切で、ノルアドレナリンやドパミンの働きを適切にコントロールすることで情緒が安定すると考えられています。

セロトニンの適切な分泌が、精神の安定や睡眠や覚醒のリズムに重要な働きがあると考えられています。セロトニン神経は朝起きると活性化し、夕方になるにつれて活動が落ちていきます。それに従ったセロトニンの活性化が必要です。セロトニンを活性化させて増やす方法の一つに呼吸法があります。

呼吸も、広い意味で言うと運動になります。呼吸をしている時には、多くの呼吸筋を使っています。息を吸ったり吐いたりで、それぞれの筋肉は伸びたり縮んだりします。そういう意味では、呼吸もリズム運動といえるでしょう。呼吸法をしっかりと行うと、血中セロトニンが増加すると報告されています。

次にリラックスする呼吸法についてご紹介していきます。おへその下のあたりを丹田といったりしますが、その部分を意識して腹式呼吸をしていきます。深呼吸というと息を吸いこむイメージの方が多いですが、どちらかというと息を吐くときが大切です。息を長く吐き出していくことで、副交感神経である迷走神経が刺激されてリラックスします。

丹田をふくらませるように、鼻から息を吸いこみます。少し息を止めて、口から丹田をへこませるようにして、吸う時間の倍の時間をかけて吐き出していきます。ゆっくり吐き出せない方は、口をすぼめてみてください。この呼吸を繰り返し数回行ってください。

吹矢トレーニングを続ける事によって、正しい呼吸法が自然に身につきます。自然な生活リズムで元気で楽しい生活をおくりましょう。

ここもチェック!  吹矢の効能・・・のページを見る

吹矢は世代を超えた楽しいコミュニティ作りに最適です(吹矢トレーニングの世代別効果)・・・のページを見る

お問い合わせ先 TEL 042-519-5526 9:00 - 17:00(日・祝日除く)

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.